にほんブログ村 英語ブログ 小説・エッセイ・詩の英語へ  
にほんブログ村   小説(海外文学) ブログランキングへ
↑ ランキングに参加しています。応援してくださったら嬉しいです。(^^)

long

〜洋書「ハリー・ポッターと死の秘宝」で見る
         あんな英語表現こんな英語表現(最終回)〜

「ハリー・ポッターと死の秘宝」第36章
"The Flaw in the Plan"より(3)


ハリーは校長室を訪れて、ダンブルドアと

話をしています。

(実はダンブルドアは故人なのですが、

ハリー・ポッターの世界では、肖像画と

話ができるのです)

ハリーは結局、死の秘宝を3つとも

手に入れることができました。

でもハリーは、そのうち2つの秘宝を

手放す気でいます。

ロンが「マジ?」と聞きます。


"There was the faintest trace of longing in his voice..."
("Harry Potter and the Deathly Hallows"より抜粋)


long といえば形容詞で「長い」がお馴染みですね。

でもこの long は動詞です。

どんな意味があるのでしょう。


long の動詞には

「思い焦がれる、切望する」といった意味があります。

【例】彼にまた会いたくてたまらない。
 I long to meet him again.


ですからここでは、秘宝を手放すつもりの

ハリーに対して、ロンの声には、ほんのかすかに

切望している感じがあった、ということですね。

日本語翻訳版では、もっとこなれた訳が見られます。

「微かに物欲しそうな響きがあった。」

posted by 星沢 希 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハリー・ポッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/248076044
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


ぴかぴか(新しい) フレーズ完全記憶という方法で、あなたも60日で英語が話せるようになります。
最優秀理論・世界知的財産に登録されている【七田式】の秘密メソッドとは?
「自然と英語が口から飛び出してくる」
「何をやってもダメだったのに、英語が話せた」
・・・次はあなたが喜ぶ番です。
 ↓ ↓ ↓
【七田式 7+English】600の英会話フレーズを60日で完全マスター


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。