にほんブログ村 英語ブログ 小説・エッセイ・詩の英語へ  
にほんブログ村   小説(海外文学) ブログランキングへ
↑ ランキングに参加しています。応援してくださったら嬉しいです。(^^)

The Seven Potters

〜洋書「ハリー・ポッターと死の秘宝」で見る
         あんな英語表現こんな英語表現〜

第4章
The Seven Potters


ハリーがダーズリー家を出発する日。
いったん目的地に到着すれば安心なのですが、
移動中はデス・イーターやヴォルデモートに
狙われる危険があります。

そこでロンやハーマイオニー、その他のメンバーが
ポリ・ジュース薬でハリーになりすまします。
全部で7人のハリー・ポッターが
いっせいに出発することで、デス・イーターたちの
目をくらまそうという作戦に出ました。

そしていよいよ出発。
空飛ぶバイクで出発した本物のハリーは、
風を切って上っていきます。


[今日の英語表現]
his eyes water

water といえば「水」ですね。
この water は名詞です。

his eyes water ですと、water は自動詞になります。
「(目が)涙を出す」という意味です。

ですから、空に上っていった
ハリーの目から涙が出た、ということになりますね。


さて、用意周到で出発したにもかかわらず、
デス・イーターたちとヴォルデモートは
ハリーたちを待ち構えていました。

激しい追跡が始まって、もうハラハラドキドキ。
みんな無事に目的地に到着できたのでしょうか・・・?
ぜひ原作をお読みくださいね。(^^)



***
ハリー・ポッターシリーズでお馴染み、
魔法薬の先生、セブルス・スネイプ。
暗〜くて、ひねくれていて、
ハリーのことをネチネチ苛める先生なのですが、
本当はいい人そうで、熱狂的なファンが多い
キャラクターなのです。

私自身もスネイプのことをず〜っと信じてました。
スネイプはいわゆる二重スパイ。
闇の帝王ヴォルデモート側なのか、
味方のダンブルドア側なのか、読者にもわからないのです。
「謎のプリンス」ではやっぱり敵側だったのか?
裏切られたかぁ?と
嘆いていたのですが、最終巻の「死の秘宝」で
やっぱりスネイプ最高!と感動しました。もう大ファンです♪

そのスネイプを、映画で見事に体現しているのが
俳優のアラン・リックマン。
この俳優さん、「いつか晴れた日に」や
「ラブ・アクチュアリー」で見たことはあるんだけど、
なんと「ダイ・ハード」(1988)で
ブルース・ウィリスの敵役を演じた人なんですって〜?
うわぁ、気がつきませんでした。また見直さなきゃ。

posted by 星沢 希 at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(1) | ハリー・ポッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53895514
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ハリーポッター 洋書
Excerpt: ハリーポッター最新グッズを探す⇒最新巻!ハリーポッター7巻 (英語版) Harry Potter and the Deathly Hall... 英語の単語で何度も声に出して言って覚えてもすぐに忘れ..
Weblog: ハリー・ポッター最終章
Tracked: 2007-09-28 05:25


ぴかぴか(新しい) フレーズ完全記憶という方法で、あなたも60日で英語が話せるようになります。
最優秀理論・世界知的財産に登録されている【七田式】の秘密メソッドとは?
「自然と英語が口から飛び出してくる」
「何をやってもダメだったのに、英語が話せた」
・・・次はあなたが喜ぶ番です。
 ↓ ↓ ↓
【七田式 7+English】600の英会話フレーズを60日で完全マスター


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。