にほんブログ村 英語ブログ 小説・エッセイ・詩の英語へ  
にほんブログ村   小説(海外文学) ブログランキングへ
↑ ランキングに参加しています。応援してくださったら嬉しいです。(^^)

name

〜洋書「ハリー・ポッターと死の秘宝」で見る
         あんな英語表現こんな英語表現〜

「ハリー・ポッターと死の秘宝」第36章
"The Flaw in the Plan"より(2)


戦いが終わって。


"Kingsley Shacklebolt had been named temporary Minister of Magic...."
("Harry Potter and the Deathly Hallows"より抜粋)


ここでは name を見ていきましょう。

name は名詞で「名前」。

動詞では「〜に名をつける」という意味があります。

【例】うちの猫に「たま」と名をつけたの。猫
 I named my cat Tama.


でもここで、キングズリーは魔法大臣に

”名をつけられた”、ではヘンですね。


name には「(仕事・職などに)任命する、指名する」

という意味もあるのです。

【例】議長に指名される
 be named (as) chairperson


ですから、キングズリーは魔法大臣に

「指名された」が正解ですね。わーい(嬉しい顔)

posted by 星沢 希 at 15:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハリー・ポッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ぴかぴか(新しい) フレーズ完全記憶という方法で、あなたも60日で英語が話せるようになります。
最優秀理論・世界知的財産に登録されている【七田式】の秘密メソッドとは?
「自然と英語が口から飛び出してくる」
「何をやってもダメだったのに、英語が話せた」
・・・次はあなたが喜ぶ番です。
 ↓ ↓ ↓
【七田式 7+English】600の英会話フレーズを60日で完全マスター


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。